当院で皮膚疾患治療で使用している、機器のご紹介です。
皮膚は、表面にありますので、機器により改善が見込まれますので、診療の際にご相談ください。


エキシマライト光線療法機器 「セラビームUV308」

紫外線の免疫抑制作用を利用して、過剰反応を起こしている皮ふの症状を沈静化させる「光線療法」と呼ばれる治療方法があります。
エキシマ光線療法とは、これまでの光線療法よりさらに効果が高いと言われている、短い波長の紫外線を患部に照射して処置する新しい光線療法です。
従来よりも短い波長を使うことで、肘や膝など、今まで治療が難しかった部位でも高い治療効果が期待できます。
ナローバンドUVBより短波長で、波長ピークが308nm側へ3nmシフトすることで、作用が急激に上昇します。
また、リスクになりやすい短波長成分を、世界初の「エキシマフィルター」技術でカットしています。
また、真っ赤、すなわち日焼けが強くならないように、注意しながら照射することでリスクを低減できます。
308nmを有効利用しエキシマの効果を最大限に、そして不要な短波長は新開発のエキシマフィルターでカットしています。
エキシマフィルターで安全性と最大限の効果を得られます。
痛みはまったくありません。ほんわかと温かい感じがします。
ただし、当日・翌日は、日焼けが強くなることがあるので、強い日光はさけるようにしましょう。
対象疾患は、ナローバンドUVBと同じで、
・乾癬
・尋常性白斑
・掌蹠膿庖症
・アトピー性皮膚炎
などです。
範囲が広い場合は、通常のナローバンドUVBを使用することになりますので、ご了承ください。
他に、不安なことや心配なことがありましたら、医師や看護師にご相談ください。


ナローバンドUVBとUVA

こちらの機器は、従来より治療に使われていたUVAと近年注目を浴びているナローバンドUVBの両方を照射することができる機械です。
当院ではおもにナローバンドUVBを使用しています。

● Narrowband UVB療法は最新の特殊紫外線治療法です。
中波長紫外線(UVB)のうち治療に有効な波長(311nm)のみを選択的に発する蛍光ランプを用いて照射を行います。
PUVA療法のように前もって光感受性薬剤の塗布や内服は必要ありませんので簡便です。
この特殊治療法は乾癬という皮膚病に対して開発されましたが、最近では尋常性白斑など他の疾患にも効くことがわかってきました。
治療の回数は、最初は週に3回くらいの割合で行うのをお勧めしていますが、最低でも週に1回は来院して治療しないと治療効果があがらないので、継続して治療を続けてください。
少しずつ紫外線照射の量を増やしていきます。
赤みがでたりしたら、それ以上は増やさず、継続します。

効果がある疾患は、
・乾癬
・尋常性白斑
・掌蹠膿庖症
・アトピー性皮膚炎
・円形脱毛症
などです。

他に、不安なことや心配なことがありましたら、医師や看護師にご相談ください。


近赤外線スーパーライザー

こちらの機器は、近赤外線を当てることで、皮膚表面から深部まであたため、血流改善により効果が表れます。

皮膚の適応疾患は、
・帯状疱疹の神経痛
・円形脱毛症
・皮膚潰瘍
・凍傷
・アトピー性皮膚炎
・その他 湿疹
となります。

また、自律神経のみだれで不眠や体のだるさなどの症状があるかたには、頸部の星状神経節に照射することで、自律神経の乱れを改善し、体調を整えることができます。
また、AGAのかたには、プロペシア錠を処方する際に無償で頭皮に照射しております。
この機器は、肩こりや腰痛にも他の科の医療機関では使用しておりますが、さまざまな症状に適応しています。